ドローン法規制

≪2019年6月13日 法改正≫

平成27年12月10日から飛行禁止区域で一定のドローンを飛行させる場合、
地方航空局長・空港事務所長の許可・承認が必要です。

 

【重さの制限】
・ドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等のうち、
 機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g以上のもの

 

【地域による制限】

 

A:空港等の周辺

B:人口集中地区の上空

C:150m以上の高さの空域

 <A・B・C地域で飛行する際には、航空局や空港事務所長の許可が必要です。>

【飛行方法による制限】

 ・飲酒飛行の禁止

・飛行前点検の遵守

・衝突防止の遵守

・危険・迷惑飛行の禁止

・夜間飛行

・目視外飛行

・他者や他者の物件から30m未満の飛行

・イベント上空の飛行

・危険物輸送

・物件投下

<朱字部分の夜間飛行、目視外飛行、他者等より30m未満の飛行、イベント上空飛行、危険物輸送、物件投下飛行する際には、航空局や空港事務所長の承認が必要です。>